HOME>コラム>万が一に備えて!ペット火葬をスムーズに進める方法を知っておこう

万が一に備えて!ペット火葬をスムーズに進める方法を知っておこう

骨壺

硬直が始まる前にすべきこと

大切に飼っていたペットが亡くなってしまった時にペット火葬をしてあげる事になりますが、落ち着いて丁寧に世話をしてあげる事が大切です。体の硬直が始まってしまう前にペット火葬の準備をしてあげる必要があり、体が緩んで汚れてしまう可能性があるのでシーツや古いバスタオルを敷きます。ペットの体の大きさに合わせた段ボール箱などを準備する必要がありますが、硬直が始まってしまうと体のサイズには合わなくなってしまう可能性があります。箱の中には体を冷やすものとして保冷剤や氷を袋に詰めたもの、またはペットボトル8分目まで水を入れて凍らせたものなどを入れてあげます。箱に入れる際には軽く手や足を曲げて入れてあげると自然な体勢で眠っているようになりますが、硬直している場合には無理にしない事が大切です。

葬儀

毛布や新聞を用意しておこう

ペット火葬をする際の準備として、ペットの体の大きさに合わせた紙箱などを用意する必要がありますが、大型のペットの場合には毛布やシーツの準備が必用です。亡くなったペットは自然に排泄物を出したりするので、箱の中が汚れて大切なペットが汚れてしまわないように新聞紙や毛布を下に敷いておく事が大切です。鼻や口から出血している場合には胃や肺からの出血が考えられるので、タオルをたたんで枕のようにして鼻先を高く上げる事でおさまります。体にガスがたまってお腹が膨れる事がありますが無理に詰め物をする必要はなく、詰めるのであればティッシュではなく綿を詰めてあげます。床ずれや外傷がある場合には夏は傷口をガーゼなどで覆って、ハエが寄らないようにしてペット火葬まで準備をしておきます。